けいが文章を書く場所

ズボラな一人暮らしの男が、ガジェットやヘアケア、ゆるい仮想通貨投資について書くブログ。。(現在改装中)

けいが文章を書く場所

「SMARTalk」を半年使った評価!!使い方・デメリットもまとめるゾ。

 

こんにちは。

格安SIM歴2年のけいです。

 

格安SIMって、通信料は安いんですが、通話料はキャリアと同じだけかかります。

せっかくなら、通話料も安く済ませたいですよね。

 

ちなみに僕の先月の通話料は24円です。笑

もちろんあなたも、月の通話料を激安にすることができます。

 

 

安くできる。マジで安くできる。

でも、割とでかいデメリットがあるよっていうのが、この記事の結論です。

f:id:kei-T:20171011205930j:plain

 

 

 

SMARTalkとは?

SMARTalk=

「IP電話」がかけられるアプリ

IP電話=

ネット回線を使った電話サービス

   

という認識でOKです。

つまり、「SMARTalk」のアプリを入れれば、「音声通話SIM」を使わなくても電話ができるわけです。

 

それでは、通常の電話や他のIP電話アプリではなく「SMARTalk」を使うコトのメリット・デメリットをそれぞれ説明していきますね:)

 

 

SMARTalkのメリット

IP電話アプリである「SMARTalk」を使うメリットは、

  1. 基本料0円
  2. 通話料がわかりやすく安い
  3. データ専用SIMでOK
  4. 何気に多機能

の4点です。

1つずつ見ていきますねー

 

通話料がわかりやすく安い

通話料は、

「SMARTalk同士の通話」

「特定の050番号との通話」(※)

0円

その他の電話(海外通話含む)

8円/30秒

です。わかりやすい:)

 

※”特定の050番号”のリストはココです↓↓

無料通話可能な050番号|FUSION IP-Phone SMART

 

キャリアや格安SIMの通話料は20円/30秒なんで大幅に安くなります。

 

 

 

基本料0円

僕がSMARTalkを使う最大の理由がこれかなと思います。

他のIP電話アプリだと、一切電話使わなくても基本料で100円とか300円とか取られることが多いです。

  

僕のように、ほとんど電話を使わない人からすると、基本料を取られるのは非常に損です。通話料毎月30円もかからないのに、基本料で300円取られるのってアホらしいですよね。

 

データ専用SIMでOK

IP電話アプリは、全て、データ専用SIMでOKです。

ネット回線で電話ができるので。

  

音声通話SIMにすると、それだけで月額料金が700円高くなるんですが、IP電話アプリだとデータ専用SIMで問題ないので、非常に安くなります。

 

また、多くの格安SIMで、

データ専用SIM=解約金ナシ

音声通話SIM=解約金アリ

ということになってるので、解約金がかからないという意味でも「データ専用SIM」と契約できるのはメリットになります。

 

何気に多機能

このSMARTalk、基本料0円で初期費用なども一切かからないのに、いろんな便利機能が搭載されてます。

 

  • ノイズキャンセリング
  • エコーキャンセラー
  • 通話録音
  • 短縮ダイヤル(写真付けれる電話帳)
  • 自動スピーカーモード切替

など。

それぞれのオンオフはもちろん好きに設定できます。

自分に合うように設定して、使ってみてくださいな。

 

 

SMARTalkのデメリット

IP電話アプリである「SMARTalk」を使うデメリットは、

  1. 音質が微妙
  2. 050番号は絶妙に不便
  3. 3桁の番号・フリーダイヤルにはかけられない

の3点です。

 

僕は、2つ目の「050番号の不便さ」が原因で、SMARTalk含むIP電話アプリは限界だと思っています。

 

音質が微妙

これはいいです。全然。

LINEの音声通話レベルですね。

 

ただ、IP電話の音質はインターネット回線に依存するので、それなりに安定した格安SIMやWi-Fiが無いと、通話がブツブツ途切れることも多々あります。

 

優秀な格安SIMやWi-Fiについては、↓↓記事をどうぞ。

最強のポケットWi-Fiについて熱弁してる記事はコチラ

僕が使ってる格安SIMについての記事はコチラ

 

050番号は絶妙に不便

 

3桁の番号・フリーダイヤルにかけられない

これも意外と不便です。

IP電話アプリはどれもそうですが、3桁の番号やフリーダイヤルには発信できません。

 

もちろん、SMARTalkの最大のメリットは安さです。その安さは、

  1. 通話料が安いこと
  2. データ専用SIMで使えること 

 

 

から来てます。

 

データ専用SIMでSMARTalk使うと、3桁の番号やフリーダイヤルに発信する手段を完全に失うんですよね。

 

それは分かっていたことですが、実際に使ってみると、3桁の番号への発信はまだしも、フリーダイヤルって意外とかけることあるんですよね。

 

IP電話アプリの限界を感じました。

 

 

次は「楽天でんわ」かな

さて。

SMARTalkの限界を感じた僕。

 

次に試してみたいのが、「楽天でんわ」です。

f:id:kei-T:20171011204113p:plain

「楽天でんわ」は、電話回線を使った電話アプリであり、IP電話アプリにあったデメリットをほぼ克服しています。

 

 通話料が10円/30秒と若干高くなりますが、そんなのは些細な事です。

  • 電話回線なのに基本料0円
  • 090番号が使える!!
  • 楽天ポイント付与

と言った感じで、ほぼ普通の電話を代替できます。

 

この、「楽天でんわ」についてまとめる記事も書きます。

明日か明後日か明々後日に:)

楽天でんわについて書きました。

実質的な料金はほぼ変わらないのに、電話としての機能性が明らかに楽天でんわの方が優秀です。

 

 

まとめ:IP電話アプリではSMARTalkがおすすめ!!でも…

読んでいただきありがとうございました。

 

SMARTalkは、IP電話アプリとしては最強だと思います。

ただ、IP電話アプリ自体に限界がありました。

 

やっぱり日本に住んでる以上、090番号は必須アイテムだと思います。

楽天でんわの記事も読んでいただけると嬉しいです↓↓

 

おしまい。

おおきに。