けいが文章を書く場所

ズボラな一人暮らしの男が、ガジェットやヘアケア、一人暮らし晩酌について書くぶろぐ。(現在改装中)

けいが文章を書く場所

Zaifの入金方法3つを全て解説。各手数料と反映時間、銀行ごとの手数料は?

f:id:kei-T:20180416155109j:plain

こんにちは。こんばんは。

超ズボラ仮想通貨プレーヤーのけいです。

 

 

今回は、Zaifでの入金のやり方について解説します。

Zaifの入金方法は全部で3つありますが、それぞれメリットとデメリットがあるので、あなたに合った方法で入金しましょう。

 

  • どの入金方法が手数料が安いのか
  • どの入金方法が反映が早いのか
  • 各入金方法の注意事項

などが知りたい方は、ぜひ読んでってくださいな。

 

 

 

入金方法1. 銀行振込

銀行振込について解説します。

こちらは、

  • 手数料を少しでも安く済ませたい

方におすすめの振込方法です。

 

まずはメリットとデメリットをまとめますね。

そのあとで、実際の入金手順を解説します。

 

「銀行振込」のメリット:手数料が安い

Zaifは「住信SBIネット銀行」というネット銀行の口座を使ってるので、「SBIネット銀行」の口座を持ってる方は振込手数料が無料になります。

 

Zaifだけでなく、bitflyerやbitbank、coincheckといった大きな仮想通貨取引所はほとんどが「住信SBIネット銀行」を利用してます。

今後、仮想通貨取引をしていこうと持ってる方はぜひ口座開設してみてください。

住信SBIネット銀行

 

 

それ以外の銀行口座からの振込の場合、各銀行の振込手数料を参照しましょう。

公式サイトへのリンクも一応貼っときます。

振込手数料:三菱UFJ銀行

振込手数料:三井住友銀行

振込手数料:みずほ銀行

 

この3行は、他行への振込手数料が

3万円未満の場合→200円強

3万円以上の場合→3行とも432円

ですね。

これは、「コンビニ決済入金」「ペイジー入金」と比べて安いです。

 

「銀行振込」のデメリット1:反映に時間がかかる

銀行振込の場合、お金を払ってからZaifの口座に反映されるまでが遅いです。

数時間かかります

 

つまり、すぐに取引したい時には向きません。

 

「銀行振込」のデメリット2:休日は振込が反映されない

銀行振込は、当たり前ですが銀行を挟んで振り込みます。

なので、銀行の営業時間帯でないと入金が反映されません

 

休日に入金したい場合は、手数料が若干高くなりますが、「コンビニ決済入金」か「ペイジー入金」で入金しましょう。

 

「銀行振込」のやり方

細かいやり方についてはZaifが公式で説明してくれてるので、ここでは簡潔に説明します。

画面のスクショをどーぞ↓↓

f:id:kei-T:20180415181220j:plain

マイページの「アカウント」→「入出金と履歴」→「日本円」を選択。

そして入金金額を入力します。

 

「入金開始」をクリックすると、振込先口座や振込依頼人などの情報がズラっと出るので、メモするなりスクショを撮るなりして分かるようにしときましょう。

 

これでZaif側の作業は終わりです。

 

 

入金方法2. コンビニ決済入金

「コンビニ決済入金」について解説します。

こちらは、

  • 入金の反映は早くしてほしい
  • コンビニに行くのが面倒じゃない

方におすすめです。

 

まずはメリットとデメリットをまとめますね。

そのあとで、実際の入金手順を解説します。

 

「コンビニ決済」のメリット:入金の反映が早い

コンビニ決済メリットは、入金の反映が早いことです。

入金して数分で反映されます。

 

なるべくすぐに取引をしたい方は、銀行振込では時間がかかるので、「コンビニ決済入金」か「ペイジー入金」で入金しましょう。

 

「コンビニ決済」のデメリット1:振込手数料が高め

「コンビニ決済入金」と「ペイジー入金」の手数料は全く同じです。

「コンビニ決済入金」の手数料は、

  • 3万円未満の入金→486円
  • 3万円以上の入金→594円

です。

 

「銀行振込」の場合は、他校への振込でも

  • 3万円未満の振込→200円ちょい
  • 3万円以上の振込→432円

です。

 

なので、「銀行振込」よりも150円〜200円ほど高くつきますね

 

「コンビニ決済」のデメリット2:振込上限がある

コンビニ決済入金には、振込上限があります。

振込上限は299,400円です。

 

コンビニに30万円の現金を持って行く人はまぁ少ないと思いますが、気をつけましょう。笑

 

「コンビニ決済」のやり方

細かいやり方についてはZaifが公式で説明してくれてるので、ここでは簡潔に説明します。

画面のスクショをどーぞ↓↓

f:id:kei-T:20180416142143j:plain
マイページの「アカウント」→「入出金と履歴」→「日本円」を選択。

そして入金金額を入力します。

 

「入金手続きを開始する」をクリックすると、自分の登録情報と入金金額の確認画面が出ます。

「手続きを続行する」と、コンビニを選択する画面に移ります↓↓

f:id:kei-T:20180416151321j:plain

コンビニ選択が終わると、「次へ」で最後の確認画面に移ります。

 

これでZaif側の作業は終わりです。

 

 

入金方法3. ペイジー入金

「ペイジー入金」について解説します。

こちらは、

  • 入金の反映は早くしてほしい
  • インターネットバンキングが使える

方におすすめです。

 

まずはメリットとデメリットをまとめますね。

そのあとで、実際の入金手順を解説します。

 

「ペイジー入金」のメリット1:入金の反映が早い

ペイジー入金のメリットは、入金の反映が早いことです。

入金して数分で反映されます。

 

なるべくすぐに取引をしたい方は、銀行振込では時間がかかるので、「コンビニ決済入金」か「ペイジー入金」で入金しましょう。

 

「ペイジー入金」のメリット2:家で入金できる

インターネットバンキングが利用できる銀行を使っていれば、家に外に出なくても入金ができます。これはメリットとしてかなりデカイですよね。

 

家でちょちょいとやれば、すぐに入金が済みます。

 

「ペイジー入金」のデメリット1:振込手数料が高め

「ペイジー入金」と「コンビニ決済入金」の手数料は全く同じです。

「ペイジー入金」の手数料は、

  • 3万円未満の入金→486円
  • 3万円以上の入金→594円

です。

 

「銀行振込」の場合は、他校への振込でも

  • 3万円未満の振込→200円ちょい
  • 3万円以上の振込→432円

です。

 

なので、「銀行振込」よりも150円〜200円ほど高くつきますね

 

「ペイジー入金」のデメリット2:入金後の出金制限がある

ペイジー入金によって入金した分は、1週間出金ができません。

 

例えば、ペイジー入金で1万円を入金した場合、1週間以内は時価評価額1万円を下回る金額の出金ができなくなります。

 

仮想通貨投資を長期的に計画してる方にはほとんど関係ないですね。

 

「ペイジー入金」のやり方

細かいやり方についてはZaifが公式で説明してくれてるので、ここでは簡潔に説明します。

画面のスクショをどーぞ↓↓

f:id:kei-T:20180416150818j:plain

マイページの「アカウント」→「入出金と履歴」→「日本円」を選択。

そして入金金額を入力します。

 

「入金手続きを開始する」をクリックすると、自分の登録情報と入金金額の確認画面が出ます。

「手続きを続行する」と、最後の確認画面に移ります↓↓

f:id:kei-T:20180416143051j:plain

支払い情報をメールで送っておくと、後で支払いの時に確認しやすいです。

「完了」をクリックで、Zaif側の作業は終わりです。

 

 

「”俺”におすすめの入金方法は?」

「結局おれはどれで入金したらええねや!?」

とお思いの方のために、ここで簡単にまとめときます。

 

手数料をとにかく安くしたい方

「銀行振込」がおすすめです。

「住信SBIネット銀行」の口座を作れば、何度振込をしても手数料かかりまへん。

 

「住信SBIネット銀行」の口座を持ってなくても、他の2つの方法よりは手数料が安くなります。

 

家でサクッと早く入金を済ませたい方

「ペイジー入金」がおすすめです。

手数料は「コンビニ決済入金」と同じです。

 

ただし、インターネットバンキングが利用できる方でないと、家での入金はできません。

インターネットバンキングが利用できるか否かは、あなたがその銀行の口座を作った時に契約したプランによります。

確認してみてください。

 

入金反映早くしてほしいけどペイジーが使えない方

「コンビニ決済入金」がおすすめです。

コンビニへ行く手間がありますが、その帰り道に反映されたりするくらい早いです。

手数料は「ペイジー入金」と同じです。

 

ただ、手数料も反映スピードもペイジー入金と同じなので、インターネットバンキングが利用できる方は家でできる分「ペイジー入金」の方がおすすめですよん。

 

 

まとめ:自分に合った入金方法を選ぶんやで

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

自分に合った入金方法は見つかりましたか?

手数料や手間などは、1回の入金だけを見れば小さいですが、積み重なるものです。

手数料も手間も、最小限で済むように選びましょう。

 

次はついに、仮想通貨を買っていきます。

買い方についてもまとめているので、よければどーぞ。

 

おしまい。

おおきに。